Home » 協会 blog, 古式整体

効果の秘密・・「 情動と認知 」

3 5月 2010 No Comment

前回、慢性痛の要因には 情動と認知作用の 「 悪循環 」 も関係していると述べました。

特に治療院を転々とされているジプシー患者さんのような方に対応するには

施術の引き出しを多く持っていることです。


何故なら、よそで効果が無かったと思われてしまった施術と
同じことをしても
 
「 ここでは治らないかも・・・」 と、悪循環のスイッチを押してしまうからです。


ではこの悪循環を断ち切るにはどうすれば良いか?

記憶の上書きと、変化を上手に認識させてあげるのがポイント!

実は名人と言われる施術家がやっているのはこれ!

古式パンフレット悪循環を解消するには、『 情動と認知作用 』 を
巧く利用する事です。

治ったと実感するのは ” 患者さん自身 ” です! 

それには ” 正しい技術 ” はもちろんですが 
“ 変化を感じれる ” 仕組みも必要です。

一生懸命 施術したのに結果が出ない・・・

そう思っている方に多いですが、ただ ” 漠然 ” と
施術して、治療後にどうです?って様子を伺っても

それで良くなったと実感を持って頂けたら苦労しません。

痛みが 10 → 0 になることは稀です。


患者さんが変化を認識するステップを用意してあげていますか?

漠然とした変化では、患者さんは効果を全く感じないかもしれません。

そして、患者さんは常に大きな変化を求めて来院します。
 
それになんとか答えてあげたいと頑張る気持もわかりますが
患者さんに効果を実感して頂かなければ、困りますよね。

それには小さな変化の積み重ねを感じて頂く、仕組みを用意しておくことです。 
そして患者さんが良い方向へ向かっている。 その事を ” 認識させてあげる ”


そうすることによって悪しき記憶として認識された

痛みの悪循環 ” を断ち切ることにも繋がります。

カウンセリング・会話・施術の組み立て・・・どれも変化を出すには必要ですし
どう変化を感じて貰えるかが治療のノウハウです。

この重要性に気付いてる人って意外と少ないですし、具体的な方法となると尚更かもしれません。

古式整体セミナーではそういった ” ノウハウ ” をしっかりとお伝えしながら
技術を習得して頂いています。

ブログランキング参加中。
良かったらクリックお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを書き込む!

コメント募集してます。 トラックバック する場合はこのサイトへリンクが必要です。
この記事へのコメント RSS も購読できます。