Home » 協会 blog, 古式整体

慢性腰痛 ” 考え方 ” と ” 動作 ” で改善

5 5月 2010 No Comment

http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm



アメリカの健康最前線を発信するヘルスデージャパンに興味深い記事が投稿されていたのでご紹介。
認知行動療法 ( CBT ) が慢性腰痛に有効との記事です。 

以下に内容を転載。


慢性腰痛 ” 認知行動療法 “ で緩和


慢性腰痛患者に対し、考え方の矯正を目的とした認知行動療法 ( CBT ) を実施
することによって
症状を緩和できる可能性が、英国の研究グループにより報告された。

英医学誌 「 Lancet 」 オンライン版に2月26日に掲載された今回の研究では
腰痛患者701人を対象に標準治療に加えて認知行動療法 ( CBT ) を併用する群と
標準治療のみ実施する群に無作為に割り付けた。

標準治療では体を動かすことと最適な鎮痛薬の使用について指導し、認知行動療法では
6回のグループセラピーを実施。
試験開始時と1年後に全被験者の腰痛を評価したそうです。

その結果、認知行動療法 ( CBT ) 群では1年後に1つの障害検査で2.4ポイント
別の検査では13.8%の改善がみられたのに対し、認知行動療法なしの群ではそれぞれ
1.1ポイント5.4%の改善のみだったそうです。

認知行動療法とは心理学的モデルに基づくもので、例えば持続する腰痛のある人が
痛みをもたらす行動は避けるべきだと考えていたら、徐々に体を動かすことが少なくなり
凝りや筋力低下により腰痛が悪化し悪循環に陥ってしまう。

患者さんにこの悪循環を気付かせる事が重要です。

米パデューカPaducah疼痛管理センターのLaxmaiah Manchikanti博士によると
腰痛はますます増えてきているが、その多くは認知運動療法などのプライマリケア施設で
管理できるとされ同氏は、英国では保険適用され低コストで治療法が受けられることを指摘。

米国以外なら、他の介入方法や手術の前にCBTを取り入れることを助言している。 原文

古式整体 ではこれを 「 痛みの科学 」 といって詳しく 解説 しています。

この認識を上手に変化させると治癒に繋がります。 それが上記の研究で明らかとなりました。

機械的に揉む押すだけに慣れてしまった施術者はここになかなか気が付かない。

「 人は感情をもった生き物 」 です。 だから古式整体は、「 人を活かす 」 方法として
身体・心・環境面と3つの側面からアプローチする事が必要と考えています。

では、どのように変化させるのか? ここが皆さん知りたいノウハウだと思います。

「 認知を変化させる 」 ・・・ 頭で理解するよりも、やりかたを知っている事が役に立つ。






古式整体講座 では、心と体の関係をわかりやすく体の変化を通じ
感じてもらえると思います。

コミュニケーションスキルの重要性・・・これも治療家には必要なことだと思いますね。

ブログランキング参加中
宜しかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを書き込む!

コメント募集してます。 トラックバック する場合はこのサイトへリンクが必要です。
この記事へのコメント RSS も購読できます。