Home » 協会 blog

守破離

24 5月 2010 No Comment

守破離と世阿弥
『 守破離 』 とは能の教えで、世阿弥が考案した伝統の技を
身につける上での心構えを表した言葉だそうです。

療術の世界にも通用する深い教えと思ったのでご紹介。



■ STEP1  『 守 』

『  』 とは最初の段階で、指導者の教えを守っていくこと。
できるだけ多く指導者の話を聞き、行動と価値観を見習って
自分のものにして行く時期だそうです。
学ぶ人は、全てを習得できたと感じるまでは、指導者の指導通りの行動をします。
そして、指導者が 「 疑問に対して自分で考えろ 」 と言うことが多くなったら
ようやく次の段階に移っていくタイミングだそう。

■ STEP2  『 破 』

『  』 は第二段階で、指導者の教えを守るだけではなく、あえて破る行為をしてみます。
自分独自に工夫を重ね、指導者の教えになかった方法を試すこと。
それが上手くいきそうであれば、自分なりの発展を試みていきます。

■ STEP3  『 離 』

『  』 は最後の段階。 指導者の元から離れ自分自身で学んだ内容を発展させ
新たな定石を確立させることだそうです。

技や心を身につける。治療の世界にもそういった側面があると思います。

そしてどの道にも必ず型というものがあります。
必ず繰り返し繰り返し、型の稽古はしなければなりません。

型は代々昔から受け継がれてきていますが、実は少しずつ工夫が加わって
次第に良いものだけが残されてきています。

受け継いだものを守り、現代に合わなくなったものは改善し、そこに新しく
独自の工夫を加えそれを繰り返す。それが伝統というものではないか・・・

そして今までの型を超える、独自の世界を創り出していくこと。

『 守・破・離 』 ・・・ 良い表現ですね。






伝統療法普及協会では療術という分野で 『 守・破・離 』 の実現に向け
基礎 ~ 指導者養成プログラムを用意しております。

基礎あってのオリジナル。みなさんも身につけてみませんか!

活法 臨床レベル1

活法のエッセンスを気軽に体験できる1Dayセミナーも開催しています!
どなたでも参加いただけます。



ブログランキング参加中。
良かったらクリックお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを書き込む!

コメント募集してます。 トラックバック する場合はこのサイトへリンクが必要です。
この記事へのコメント RSS も購読できます。