Home » レポート, 協会 blog, 古式整体

古式インストラクターズ

30 8月 2009 No Comment

2009/08/30 活法 古式整体インストラクターステップアップ講座

整体セミナー 活法


インストラクターを対象に開かれる 「 ステップアップセミナー
講義内容は皆さんの要望に答える形で進行していきます。

今回は 『 顎関節症 』 や  『 膝の調整 』

皆さんが臨床の場で結果がおもわしくなかった所を改善するため
具体的な技術の指導がおこなわれていきます。

そこで必要なのが、症状を全体的に見立てる力。
ここが手技療法家にとって一番重要で、差別化になる部分と碓井氏は強調されていた。

部分的に症状を追いかけていたら、素人の肩もみと変わりません。
そこで、仙骨と顎関節の開口力の影響をわかりやすくデモンストレーション。

古式整体ステップアップ講座

少し仙骨 ( 中心軸 ) がぶれるだけで、顎関節って開けずらい!

そういう全体のバランスを改善させた上で 【 顎関節症 】 の方には
側頭骨を調整して咬筋を緩めていく。 だから結果が出やすい。

古式整体治療講座

部分でなく、全体を整える。 それが整体と言われる所以です。
それを見切れる施術者に1人でもなって貰いたいと碓井氏の言葉が
印象的なセミナーでした。

参加くださった先生方お疲れ様でした!
普段の臨床で役立てて頂けると幸いです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを書き込む!

コメント募集してます。 トラックバック する場合はこのサイトへリンクが必要です。
この記事へのコメント RSS も購読できます。