Home » 協会 blog

手と足の感覚についてのトリビア

23 4月 2012 No Comment

皆さん知ってました?
手足の感覚について、海外のサイトに興味深い記事がありました。

・ 手足の親指と小指の感覚はほぼ一緒。

・ 手の中指と足の人差し指の感覚はとても似ている。

・ 足の中指・薬指は、手の人差し指・中指と感覚が似ており
  どっちとも置き換え可能な感覚なんだそうです。


手足の感覚について

情報元 : I Love Charts ? Hand-Foot correlation. For those that are open to…

古式整体基礎科を受講されて、” ピンときた方! ”

そうです。

レベル1基礎で最初に行った3つの調整。

古式整体セミナー

その中に、手足の中指・人差し指を使った ○○○ の調整  がありました。
なんでだろ? と思われた方もいるのではないでしょうか?

碓井総導師もおっしゃっていましたが、手と足、どちらで調整しても良いが

「 何故、手足で扱う指が違うのか理由はわからない 」

活法として伝わってきた調整術には、こうした経験則としての技術も含まれていると。

もしかしたらこんな理由があったのかもしれませんね!

活法には、現代になって西洋医学的な解釈が伴ってくる理屈や技法が多々あります。
身体と心の関係なんて、まさにそうではないでしょうか?

ストレスと身体の関係性なんて、あたりまえのように感じる事ができると
思いますが、意外と 「 整体 」 技術として術的にも・観念的にも

体系化されたものは少ないと思います。

相手を活かし、自分が生かされるのが活法です。







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを書き込む!

コメント募集してます。 トラックバック する場合はこのサイトへリンクが必要です。
この記事へのコメント RSS も購読できます。