Home » 古式整体, 活法指圧

活法理論 「 起因・原因・発現 」

12 5月 2013 No Comment

起因・原因・発現

物事が起こるには全て原因があります。
身体も同じで、どこかに異常が現れるのには必ず原因がある。

しかし、その原因にも 「 更にそれを起こす ” きっかけ ” 」 がある
そう考えるのが活法の観かたです。

この ” きっかけ ” を 「 起因点 」 と呼び
起因点は、「 身体・精神・環境 」 の全てに起こり得ます。

施術を行っている皆さん!
少し振り返ってみて頂けますか。

患者さんを診る時、どうしても身体にこだわり過ぎてしまい
そこに原因があると思い込みがちになってしまう。

そのような経験ってありませんでした?

原因点は確かに身体にあることが多いです。 が、それを起こすきっかけ
即ち 「 起因点 」 を見逃してしまうと

再びその原因点に繰り返し 「 痛みなど 」 の不調を
発現させていることに気がつく事もあるかと思われます。

「 痛み 」 は患者さんにとって切実な悩みとなりますから
まず、原因点を取り除いてあげたい。

これは施術の中で非常に重要な事でもありますが、と同時に
この起因点を探ることも忘れてはいけません。

起因点は実に意外なところに隠れていたりします。
もしかすると、本人も気がついていない身体の癖だったり

精神的なトラブルであったり …

その問題点を引き出すのがカウンセリングという事に
なるのでしょうが

一朝一夕に起因点を探れるようになれるかと言えば
それはなかなか難しいのが現状です。

活法は、「 身体・精神・環境 」 の 三位一体 で、人のありかたや
その問題点を把握するのに適した考え方を持っているのが特徴。

そして起因点をしっかりと把握し、それにアプローチできるならば
原因点も発現点も消えていくはずです。

だからこそ、人の観かたや、気やその作用。 また陰陽の成立とは等
多面的に人を観る観念を作ることが重要なのだと思いますし

その為に活法理論を活用して頂けたら幸いです。

臨床レベル1 募集はじまりました。 申し込みはこちら 



庄田 元【 活法指圧講座 】 庄田 元 : gen.syhoda

1972年生まれ。伯父佐藤利吉の影響を受け浪越指圧を学ぶ。
その後、教員の道を進む中で碓井流活法 「 古式整体 」 に出会い
活法の理念に触れながら伯父から受け継いだ指圧の源流が
活法にあることに気付かせられる。 

「 活法指圧 」 を世に広めていきたく活動中。


按摩マッサージ指圧師 / 鍼灸マッサージ教員  【 大川学園医療福祉専門学校




ブログランキング参加しました。
クリックお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを書き込む!

コメント募集してます。 トラックバック する場合はこのサイトへリンクが必要です。
この記事へのコメント RSS も購読できます。