Home » 古式整体, 活法指圧

活法理論 「 授受還元の法則 」

26 5月 2013 No Comment

授受還元の法則


人間誰しも ” 何かを手に入れたい!” ですよね! 

物を買うにもお金が必要ですし、何かをして欲しかったらお願いをしたり
愛情を得る為に、相手の気を引くような事をしたり …

もっと自分が望むように、上手く事は運ばないだろうか?

誰もが思った事のあることではないでしょうか …


活法の教えには 「 授受還元の法則 」 がございます。

「 何かを得たかったら、まずこちらから与えなさい。 」
「 そうすれば還ってきます。」


こちらから与える事をしないで、見返りを求めても
なかなか還ってくるものではありません。

仕事・評価・愛情 ・・・ 全てにおいてです。

このホームページは、施術に関わっておられる方が読んで
下さっているでしょうから、皆さまが施術した患者様から

あなたに施術されて本当に良かったと心底喜ばれること。

そうすれば患者様が、あなたにお知り合いを紹介して頂く事もあると思いますし
きっとそれはあなたも望んでいる事だと思います。

施術料を頂いた上に、患者様まで紹介して頂きました。
一生懸命施術に取り組んだ行為への対価ではないでしょうか! 

ざっくばらんに言えば、「 感謝やお礼の心 」 。

私達の職業は割とわかりやすい構図ですけど、普段もこの通りに
行動できているかと言えば、そうでない場合が日常生活ではけっこうある。

めんどくさい。 楽をしたい。 自分が一番でないと嫌だ。 理由は色々です。

また、良かれと思って行った厚意に感謝されない場合も多々ありますね。

例えば、家庭環境など。

子供は両親のもとで自立するまで生活し、親は仕事をして
生活の為のお金を得ています。

親は子供がいるからこそ、仕事に励むといった面もあるでしょうし
子は親の背中を見て育ちます。

子が親の苦労を知れば、自然と感謝の心も芽生えるものだろうし
そんな我が子の成長をみて、親はまた頑張ることができる。

しかし実際には、この通りうまくいかない場合も多々ありますね。
まったく逆の方向というか、ニートは社会問題にさえなっています。

何故なのでしょうか?

情報は正しく伝わらないと意味をなしません。


相手に良かれと思ってやった行為が逆効果!
「 情けは人の為にならず 」 という諺もある。

実はこれも授受還元の法則です。

たまたま家庭環境の例を出しましたが、活法では施術の対価を意識しなさいと
初学の頃から教わります。

練習させて頂く場合にも 「 いつまでも無料で施術をするな 」 と教わります。
何故なら 「 相手を泥棒にしてしまう 」 からです。

練習とはいえいつも無料では、相手にとってそれがいつしか当たり前の事に
なってしまいますし、施術に自信が無いと思われても致し方ありません。

自信を持って人にあたる技術を身につけましょうという事だと思いますが
実は技術だけでは難しいのがこの世界。

皆さんは缶コーヒーのボスのCM 「 高見盛引退編 」 をご存知でしょうか。 

ナレーションが印象的で、「 この惑星の住人は、誰もが勝利者になれるわけではない 」
ただ、「 ” 愛される ” 」 という勝ちかたもある。 といったCMです。



患者様に支持されるのは 「 技術 」 だけではありません。

いかに相手の心が動くかですね。

ですからまず、あなたから与えてみること。
そして、間違えたら自分を反省できる自分であることが、あなたの成長となります。

とにかく良い方向に向かうための一歩を踏み出してしまう事。

そう。 全ては自分の行いからです。

これは自然の摂理、因果応報と言い換えることもできますね。

この法則通りに行動すれば、結果は必ずついてきます。

以上、活法の理論を数回にわたって述べさせて頂きました。
これはまだ活法のほんの一部でしかありません。

奥義はこれをより深く理解し、実践していくことで
自ずからつかんでいくものとなります。

活法を通して、何かを与えられる人になる。 その一助となれば幸いです。



庄田 元【 活法指圧講座 】 庄田 元 : gen.syhoda

1972年生まれ。伯父佐藤利吉の影響を受け浪越指圧を学ぶ。
その後、教員の道を進む中で碓井流活法「 古式整体 」に出会い
活法の理念に触れながら伯父から受け継いだ指圧の源流が
活法にあることに気付かせられる。 

「 活法指圧 」 を世に広めていきたく活動中。


按摩マッサージ指圧師 / 鍼灸マッサージ教員  【 大川学園医療福祉専門学校




ブログランキング参加しました。
クリックお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを書き込む!

コメント募集してます。 トラックバック する場合はこのサイトへリンクが必要です。
この記事へのコメント RSS も購読できます。