Home » 活法指圧

指圧するときに、腰が痛くなる理由は?

25 11月 2012 No Comment

指圧に良いバランス


一生懸命に指圧をすると、つい忘れがちな 「 身体の向き! 」

知らぬ間に身体をひねったり、無理な姿勢での指圧になっていませんか?



これは、施術しているスペースの問題もありますが

楽な姿勢から指圧を始めてしまうと、後で後悔する人も多いようです。


もっとはやく基本を教えて貰いたかった。 そのような声を良く聞きます。


指圧の基本を学ばないで指に体重を乗せると、独自の癖が身につきやすく

慣れるまでに指を痛めたり、背中の筋肉がつりそうになったり、腰痛になったりする

ことがしばしば …


身体の向きに気をつけて!


活法指圧 では負担のかからないカラダの使い方を、徹底してお伝えする予定ですが

施術者が ” 力んで ” いたら、患者さんはどのように感じるでしょうか?


相手にリラックスして貰わないといけませんよね …。


活法指圧って?



まずは、おへそと指圧する指とが一直線になる位置から
押し始めるようにして下さい。

そうすれば、押す位置を変えて移動していっても
元の場所に戻ることができます。

もしそれができなくても、始めの身体の感じを覚えておけば
無理な押し方から修正することができます。


おへそと指圧する母指の向きが一直線の状態は、最も身体に負担が
かからない状態ですので、初心者の方は移動のたびに身体の向きを

変えていっても良いくらいです。


時間はその分かかってしまいますが … 基本をしっかり身につけた人は

後でそのぶん得をします!


前回お伝えした 「 指圧は親指で押す? 」。 これに床に手を付く練習の成果が加われば
柔らかく深い圧が自然と使いこなせるようになってきているでしょう。

もし指圧していて、腰や背中が辛くなるようでしたら

一度手を離して、身体の向きを直してみて下さいね。




庄田 元

【 活法指圧講座 】 庄田 元 : gen.syhoda

1972年生まれ。伯父佐藤利吉の影響を受け、浪越指圧を学ぶ。
その後、教員の道を進む中で碓井流活法「 古式整体 」に出会い
活法の理念に触れながら伯父から受け継いだ指圧の源流が
活法にあることに気付かせられる。 
「 活法指圧 」 を世に広めていきたく活動中。


按摩マッサージ指圧師 / 鍼灸マッサージ教員  【 大川学園医療福祉専門学校




ブログランキング参加しました。
クリックお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを書き込む!

コメント募集してます。 トラックバック する場合はこのサイトへリンクが必要です。
この記事へのコメント RSS も購読できます。